床暖房お役立ちコラム

意外な事実!床暖房の費用はつけっぱなしがお得?

「床暖房を取り入れてみたい」
「つけっぱなしにしたら料金は高いのかな・・・」
こういった考えをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
近年、そのメリットの多さから、どんどん人気が高まっている床暖房。
しかし、初めての方にとってはわからないことも多く、不安になりますよね。
そこで今回は、床暖房を取り入れることを考えている方に向けて、床暖房の費用はつけっぱなしの方がお得であるということを、ご紹介します!

□つけっぱなしの方が安い?

「つけっぱなしの方が、エアコンの料金は安い」
「エアコンの電源は、こまめに切る方が光熱費が高くなる」
こういった話を聞いたことがある方は、いらっしゃいませんか?
最近では、SNSを通じてこういった情報が流れていますよね。
実際、エアコンはつけっぱなしの方が、料金は安くなると言われています。
実は、エアコンに限った話ではなく、ガス式温水の床暖房でも同様のことが言えるのです。
その理由について、見ていきましょう。

□温める仕組み

つけっぱなしの方が安くなる理由の一つとして「温める仕組み」が挙げられます。
床暖房の仕組みとしては、電気やボイラーなどで温めた水を床下に循環することで部屋を暖めています。
ガス床暖房の場合、この「水を温める」段階で、最も光熱費(ガス代)がかかってしまいます。
これが冬の極寒期であれば、そもそもの水の温度が低いこと、外の空気自体も寒いことから、さらに光熱費がかかることが予想されます。
そのため、床暖房をつけっぱなしにしておけば、常に温水がある状態を保つことができます。
この「光熱費」がかかる工程を省略できるため、ガス代を節約できるのです。
しかしそうはいっても、なかなか不安ですよね。
そこで次に、実際の光熱費を用いてご説明します。

□光熱費の違い

*立ち上がり時と安定時

まずは、床暖房の立ち上がり時と、安定しているころのガス代を比較すると、立ち上がり時にかかる1時間のコストは約38円です。
これに対して、安定してから1時間あたりのコストは約9円です。
同じ1時間であっても、4.2倍もの差があることがご理解いただけると思います。

*12時間か24時間か

次に、12時間つけっぱなしにした場合と24時間つけっぱなしにした場合を比較してみましょう。
12時間つけっぱなしの場合、立ち上がり時の約38円と約9円×11時間を足して、約137円の料金がかかります。
24時間つけっぱなしの場合は、約38円と約9円×23時間として、約245円となります
この上記の使い方で、そのまま30日間継続したら、どうなるでしょうか?

・12時間つけっぱなし・・・1か月あたり約4,110円
・24時間つけっぱなし・・・1ヵ月あたり約7,350円
となります。

この数字だけ見れば、12時間だけ使った方が安く感じてしまいますよね。
しかし、注意したいポイントは、これは前提条件として1日に1回だけスイッチを入れた場合としていることです。
もし、1日2回、3回とスイッチを入れてしまうと、料金はさらに高くなってしまうのです。
ここから、スイッチをこまめに切らないことが大切であることが、ご理解いただけるのではないでしょうか。

□自動運転がベスト

床暖房の運転を開始する最初の1時間は、光熱費が高くなってしまうことがわかりました。
そのため、もっと光熱費を抑えたい方におすすめなのが、「床暖房の自動運転」です。
冬の間など、太陽が沈んでしまうと急速に冷え込みますよね。
必然的に設定温度を高くしてしまう方は多くいらっしゃいます。
しかし、その温度設定のまま翌日の日中を過ごすことで、温度が高くなりすぎてしまうという場合も多いのです。
自分で温度設定をしている方に多い失敗ではないでしょうか。
床暖房を自動運転にすれば、外気だけでなく部屋の中の温度の変化も汲み取ってくれます。
常に心地よい温度に設定してくれるため、快適に過ごすことができるのです。

□PTC床暖房について

当社では「PTC遠赤外線床暖房」を取り扱っています。
こちらは、特許出願の「PTC面状発熱体」や「PTCヒータ用印刷インク」技術を用いた高性能のPTCインクを使用している床暖房のことを指します。
特徴としては、低温やけどといったリスクが少なく安全であることに加えて、従来の床暖房よりも電気代を安くすることが可能となりました。
興味を持った方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は、床暖房を取り入れることを考えている方に向けて、床暖房の費用はつけっぱなしの方がお得であるということを、ご紹介しました。
ガス式温水床暖房の場合、つけてから温水が暖まるまでの1時間に、光熱費がかかってしまうことがわかりました。
光熱費を抑えるポイントとしては、不安になる気持ちをぐっとこらえて、つけっぱなしにすることをおすすめします。
また、PTC床暖房といった従来の床暖房とは異なる床暖房を、当社では取り扱っています。
床暖房を取り入れることを検討している方は、まずは一度、お気軽にご相談ください。

 

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房ならぽから

メニュー