床暖房お役立ちコラム

床暖房にしたい人に見てほしい!後付けの時の注意点とは?

「床暖房にリフォームしたい。」
「後付けする時、注意することがあれば知っておきたい。」

床暖房を取り付けたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
子供ができた、両親が歳をとったなどの理由で、安全で操作が簡単な床暖房にリフォームする人は増えています。
しかし、今住んでいる家に床暖房を後付けする場合、種類や費用など注意点があれば事前に把握しておきたいですよね。
そこで今回は、床暖房の専門家が後から取り付ける床暖房の注意点を分かりやすく解説いたします。

□2種類の方法を押さえよう!

*重ね張りする方法

既存の床の上に床暖房を設置します。
大規模な工事にはならず、騒音もあまり生じません。
工事日程は1日程度と短く、費用も安いのが特徴です。

*張り替えする方法

既存の床を剥がして、床暖房を設置する方法です。
比較的大掛かりな工事となり、騒音やホコリが発生する可能性があります。
工事日程は重ね張りに比べると2日~3日と少し長く、費用も高くなります。

 

□注意点1:種類や方法ごとに費用が異なる!

では、設置の費用はどの程度かかるのでしょうか。
重ね張りか張り替えかで費用は異なりますが、種類でも費用は異なります。
床暖房には、床下にヒーターを敷く「電気式」と床下のパイプにお湯を通して暖める「温水式」があります。
それぞれの種類も含め、費用はどのように違うのでしょうか。

*費用の4区分

以下に、5畳の床に床暖房を設置する際の費用の目安をまとめました。

・重ね張り+電気式床暖房:約25万~35万円
・重ね張り+温水式床暖房:約30万~40万円
・張り替え+電気式床暖房:約35万~50万円
・張り替え+温水式床暖房:約40万~55万円

これらから、重ね張りの方が安いことと、電気式床暖房の方が安いことが分かると思います。
なぜ電気式の方が安いかというと、温水式ではお湯を作る給湯器も購入する必要があるからです。
ちなみに、給湯器には将来的にメンテナンス代も必要になってきます。

 

□注意点2:重ね張りだと段差ができる!

費用が安いから、重ね張りにしよう!
と安易に決定してはいけません。
重ね張りには、注意点があります。
それは、「段差が生じる」ことです。
この方法では、既存の床の上に更にもう一枚床をつけることになります。
そのため、床暖房がある場所とない場所に12mm~18mmの段差が生じます。
小さなお子さんや年配の方がいる場合は、その箇所だけ躓きやすくなり怪我の原因になりかねません。

*対処方法は?

段差部分に見切り材(クッション)をつける方法があります。
見切り材があるのとないのでは、躓きやすさが異なります。
このように段差をなくし、安全対策を心がけましょう。

 

□注意点3:張り替えだと処分費用が別途必要になる!

段差が生じるのは嫌、という人は張り替えを選択することになると思います。
その際注意してほしい点があります。
それは、元の床材を処分する必要があるということです。
この床材の処分があるので、重ね張りに比べて値段が高くなります。
上に書いた費用には、この処分代金が含まれているので費用が高くなっているのです。

 

□おすすめの床暖房はこれ!

では、どのような床暖房を選べばよいのでしょうか。
当社おすすめの床暖房をご紹介します。
それは、「PTC方式の床暖房」です!
PTCって何?
と思った方がほとんどかと思います。
PCTとは、Positive Temperature Coefficient(正温度係数)のことです。
一言でいうとPTC床暖房は、「ヒーターが自己温度に反応して通電量を自己抑制する仕組みをもった床暖房」です。
例えば、窓からの光が当たって暖房面の一部が温かくなったとします。
その際その部分の発熱を抑えて、床の温めすぎを防止します。
他にも、床に物を置いている部分が熱くなりすぎるのを防止します。
床下にヒーターを設置する点では同じですが、自己温度調節を行うのがPTC床暖房の特徴です。

*PTC床暖房を後付けで選ぶ理由とは?

ではなぜ、この床暖房がおすすめなのでしょうか。
それは、熱を発生させるシートの厚みが0.9mmしかないからです。
そのため、重ね張りの際に生じる段差を最小限に抑えられます。
張り替え工事の際でも、床暖房シートを敷き、結線するだけの簡単な施工で済みます。
そのため、工事期間や費用もその分低くなります。

□まとめ

今回は、床暖房を後付けする時の注意点について解説しました。
どのような点に注意が必要か、ご理解いただけたでしょうか。
床暖房をお考えの際は、ぜひ薄くて取り付けやすいPTC方式の床暖房をお選びください。
当社では、全国で床暖房設置のご相談や見積もりを随時受け付けています。
大規模な家のリフォームに不安を抱く人もいらっしゃるかと思いますが、当社の専門家が、お客様要望に合わせて最適なプランをご提示いたします。
床暖房をご検討の方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房なら ぽから

メニュー