床暖房お役立ちコラム

床暖房とホットカーペットの違いは?それぞれのメリット、デメリットをご紹介!

「最近寒くなってきて、床が冷たく感じる。」
「冷え性だから、足が冷えないように床に暖房機能を付けたい。」
「床暖房をつけるか、ホットカーペットをつけるか迷っている。」
「その2つは何が違うの?」
外の空気が冷たくなってきて、冬が近づいてきましたね。
冬に向けて、床に暖房機能を付けたいという方も多いのではないでしょうか?
足が冷え性だという方は特に、欲しい機能ですよね。
そこで今回は、床暖房とホットカーペットは何が違うのかご説明します。

 

□床暖房とは?

*床暖房の仕組み

床暖房は、床を加温することで、熱伝導が生じ、対流または放射を利用した暖房です。
電気ヒーターで加温するタイプもありますが、最近は床の下に温かい水を流すタイプが増えているでしょう。
お湯で温めることによって、他にないようなじんわりとした優しい温かさになります。
床暖房は、床から伝わる熱、また床から部屋全体に広がる熱の組み合わせで温められます。

*ヒートポンプ式温水床暖房とは?

温かい水を使用する温水床暖房は、火を使用するガスや灯油が熱源となります。
しかし、火を使用しない方法もあります。
それは、ヒートポンプ式温水床暖房です。
大気の熱をくみ上げて、その熱で温かい水をつくります。
そして、その水を使用して床暖房に利用するのです。
少ない電気で多くの熱がつくられ、光熱費の削減になります。
安全で環境に優しい方法なので、おすすめです。

 

□ホットカーペットとは?

*ホットカーペットの仕組み

ホットカーペットは、電源を使用して電気的に温めることができるものです。
部屋全体の気温が上がるわけではなく、カーペット表面だけ温まる特徴があります。
一般に販売されているカーペットと同じ形ですが、端部分に操作用コントローラーが付属していて、温度調整、またタイマー設定ができます。
また、通常のカーペットよりも高い温度になるため、カーペットにダニが付着しやすくなります。
そのため、ダニ対策機能がついているものもあるでしょう。
エアコン、電気ストーブなどの他の暖房の器具と組み合わせることで、部屋全体の温度を上げられます。

*電気代

ホットカーペットの電気代はどれくらいかかるのでしょうか。
それは、ホットカーペットの消費電気(W)×使用時間(h)×電力使用量料金(円/kWh)で計算できます。
もし、ホットカーペットの使用電力が100Wで、10時間使用したとして、電力使用量料金が30円の場合、電気代は30円です。
長時間使用したとしても、比較的安く済みます。

 

□床暖房にした時のメリット

*耐用年数が長い

床暖房はメンテナンスが基本的に必要なく、長く使用できます。

*部屋全体が温まる

遠赤外線の熱で、床からじんわりと熱が広がるため、部屋全体が温まります。
床で過ごす時間が快適になり、足元が冷えません。

*空気が汚れない

電気式床暖房の場合、熱の源が室外になるため、空気が汚れません。

*騒音がない

エアコンなどは風の音がしますが、電気式床暖房の場合、騒音がありません。

 

□床暖房にした時のデメリット

*すぐ温まらない

床暖房は、エアコンやストーブのようにすぐに温まるわけではありません。
じんわりとゆっくり温まるので、特に寒い時期は他の暖房器具も必要です。

*設置費用が高い

床暖房を設置するためには、設置費用が多くかかります。
相場では1畳で10万円ほどです。
他の暖房器具と比べると、かなり高くなってしまいます。

 

□ホットカーペットにした時のメリット

*値段が安い

床暖房に比べて、安い値段で取り入れられるのが特徴です。

*空気が汚れない

ホットカーペットは、床暖房と同様、カーペットの上が温まるだけなので、空気が汚れません。

*安全性が高い

比較的、火事などの事故が起こりにくいのもホットカーペットのメリットです。

*足元が温まる

カーペット上は、足元が温まります。

*手軽に取り入れられる

ホットカーペットを購入してそれを置くだけなので、設置する手間が少なくて済みます。

 

□ホットカーペットにした時のデメリット

*部屋全体が温まるわけではない

カーペット部分だけしか温まらないので、寒くなった時はカーペット上にいないといけません。

*低音やけどの心配がある

ずっとカーペットの上にいると、低音やけどをしてしまう恐れがあります。
寝てしまうことがよくあるので、気を付けてください。

*ダニが発生しやすい

カーペットの中にダニが発生しやすいのもデメリットの一つです。
お手入れをこまめにする必要があります。

 

□どちらがおすすめ?

では、床暖房とホットカーペット、どちらがいいのでしょうか。
予算面では、ホットカーペットの方が安く済みます。
しかし、効果面では、断然床暖房がおすすめです。
ホットカーペットでは部屋全体を温められませんが、床暖房は部屋全体を心地よくしてくれます。

 

□まとめ

今回は、床暖房とホットカーペットは何が違うのかご説明しました。
家にいる時間が長い方は、足元をじんわりと温められる床暖房を設置しましょう。
特に冷え性の方にはおすすめです。
当社では、全国で床暖房設置のご相談を承っております。
当社の専門家が、お客様のご要望に合わせて最適なプランをご提示します。
床暖房をご検討の方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房ならぽから

メニュー