床暖房お役立ちコラム

床暖房をトイレに設置!トイレに設置するメリットやデメリットについてご紹介

トイレに床暖房を導入したいけど、床暖房についてよく分からないとお悩みの方はいませんか。
床暖房を設置するなら床暖房に関する知識やトイレに設置するメリット・デメリットを知る必要があります。
そこで今回は、床暖房とは何かや床暖房をトイレに設置するメリット・デメリット、床暖房の種類について紹介します。

□床暖房とはそもそも何?

床を暖める暖房のことです。
床下の熱がふく射によって部屋の内部に広がり、部屋全体が暖まります。
ふく射とは、熱をもった物体から発生する赤外線が室内の壁や天井に広がっていくことです。
赤外線が広がることで部屋全体が均一に暖かくなります。
また、床下の熱が伝導によって体に直接伝わります。
伝導とは物体の中の熱が伝わる性質のことです。
あなたが床暖房の上にいれば、足元からぽかぽかと体が暖まるでしょう。
暖房と言えば、床暖房の他にもエアコンやストーブ、ファンヒーターがあります。
これらと床暖房の違いは何でしょうか。
その違いは部屋の暖め方です。
そもそもエアコンやストーブ、ファンヒーターは対流式暖房と言います。
対流式暖房はまず高熱を放出することで暖まった空気を上昇させます。
そして、冷たい空気を足元に追いやるのです。
こうすることで暖かい空気と冷たい空気の間で対流が起きます。
したがって、部屋全体が暖まる訳です。
それに対して、床暖房はふく射と伝導によって部屋を暖めます。
このように床暖房と対流式暖房の暖め方には明確に違いがあるのです。

□トイレに床暖房を設置するメリット

設置するメリットは2つあります。
1つ目のメリットは室内全体を暖められることです。
当然ですが、床暖房を設置することで部屋全体が暖かくなります。
床から直接伝わる熱と床から広がる赤外線によって部屋が暖まります。
床暖房の他に対流式暖房であっても部屋全体を暖められます。
しかし、対流式暖房で部屋を暖めると床は冷たいため足元が冷えやすいです。
そのため、足元が冷えていることから体の芯から暖まった気がしないという難点があります。
対して、床暖房は部屋全体を暖めながら、足元も暖かくできるため体の芯から温まった気になりやすいです。
2つ目のメリットは設置のために新たにスペースを設ける必要がないことです。
ストーブやファンヒーターといった対流式暖房と違い、床暖房は設置のためにスペースを設ける必要がないです。
逆に、対流式暖房を設置すると部屋の中のスペースが取られて、あなたが移動する際に対流式暖房が進行の邪魔になることがあります。
そのため、スペースのないトイレや脱衣所、キッチンなどの狭い場所にも床暖房は最適な暖房設備と言えるでしょう。

□トイレに床暖房を設置するデメリット

設置することによるデメリットは2つあります。
1つ目のデメリットは費用がかかることです。
設置するにあたり初期費用がかかります。
床暖房を設置する際、床下の工事が必要になることがあります。
そうなると、その分設置費用が高額になります。
また、床暖房の設置方法や種類によって費用は変わってきます。
床暖房を導入する際にかかる費用を知りたい場合、まずは設置方法と種類を確認し、どのくらいの費用がかかるのか確認しましょう。
2つ目のデメリットは、室内はすぐには暖まらないことです。
部屋の中はすぐには暖まりません。
なぜなら、床暖房はスイッチを入れてすぐ暖まらないからです。
設定した温度に到達するまである程度の時間を要します。

□トイレに設置する床暖房には2種類ある

トイレに設置する床暖房には電子式床暖房と温水式床暖房の2種類があります。
以下でそれぞれについて詳しくご紹介します。

*温水式床暖房

床下に敷いた温水パネルに熱電気で温めたお湯を循環させることで部屋を暖めます。
こちらを導入する際、配管工事が必要になります。
そのため、リフォームの際に工事するのが困難です。
導入が困難であるので新築時にこちらを設置することが一般的です。
配管の耐用年数は30年以上と言われています。
ただし、不凍液を入れ替えるといった定期的なメンテナンスは行わなければいけません。

*電気式床暖房

床に敷いた発熱体に電気を通すことで部屋を暖めます。
電気式床暖房は蓄熱式床暖房・PTC床暖房・電熱式床暖房の3つに分けられます。
まず、蓄熱式床暖房とは、深夜電力を利用して蓄熱材を暖め、日中に放熱させる床暖房です。
電気代の安い深夜電力で暖めた蓄熱材の熱を電気代の高い日中に放熱します。
そのため、割安の電力で部屋を暖められます。
次に、PTC床暖房とは、暖房面の一部の設定温度が高くなるとその部分の抵抗値が上がり発熱を抑える床暖房のことです。
発電が抑えられ無駄な電気を使わないことが魅力です。
最後に、電熱式床暖房とは、床下に電熱線のヒーターを内蔵し床を暖める床暖房のことを言います。
設置にあたり必要なものは電熱線パネルのみになりやすく、初期費用が安いのが特徴です。

□まとめ

以上、床暖房とは何かや床暖房をトイレに設置するメリット・デメリット、トイレに設置する床暖房の種類について紹介しました。
トイレを暖かく、少しでも快適な空間に変えたい方は床暖房を設置してみてはいかがでしょうか。
トイレに床暖房を設置することをご検討の方はぜひ一度当社までお問い合わせください。

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房ならぽから

メニュー