床暖房お役立ちコラム

床暖房の導入を検討中の方へ!床暖房の節約のコツを紹介します!

「そろそろ我が家も床暖房を取り入れてみようかな」
「床暖房は電気代が高くかかりそうだな」
近頃、自宅に床暖房を設置されている方が増えてきていますよね。
そろそろ自分の家にも床暖房を取り入れようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも電気代が高くなりそうな気がして不安ですよね。
この記事では、床暖房の電気代を節約するコツについてご紹介します。

□床暖房とは?

床暖房は床から部屋を温めることができる暖房器具です。
床から直接伝わる熱と、床から部屋全体に広がる輻射熱(ふくしゃねつ)の両方によって部屋全体を温めます。
床暖房には大きく分けて温水式と電気式の2種類があります。

*電気式

電気式は、床の下に設置した発熱体に電気を流して発熱させることによって温める仕組みです。
温水式に比べ初期費用は安く済みますが、ランニングコストが高くなります。
日光が当たっている部分など、温度が高くなっている部分の発熱を自動的に抑えるPTCヒーターもあります。
この方式を採用しているものを使用することで、コストを抑えることができます。

*温水式

温水式は、床の下に温水を循環させることによって温める仕組みです。
電気式に比べ初期費用は高いですが、ランニングコストを安く抑えることができます。
温水式は複数の部屋や大きな部屋の暖房に適しています。
温水の作り方としては、大気の熱を利用するヒートポンプ式や、ガスや灯油を使うものなどがあります。

以上のように、床暖房にも特徴の異なる2種類があります。

□ランニングコスト

床暖房を使用すると、どのくらいランニングコストがかかるのでしょうか。
電気式と温水式ではそれぞれ以下のようになります。

*電気式

室温20度前後で毎日8時間使用した場合、電気式は1ヶ月で7000円前後かかります。
ただし、日中に使用するか夜間に使用するか、周囲の温度環境、オンオフの回数などによって変わってきます。
1日に何度もオンオフを繰り返すより、つけっぱなしの方が費用を抑えられることがあります。

*温水式

室温20度前後で毎日8時間使用した場合、温水式は1ヶ月で4000円前後かかります。
温水式は電気式に比べ初期費用はかかりますが、電気代が安く済みます。
上記の条件で使用した場合、1ヶ月で3000円ほど変わってきます。
そのため、長い目で見ると費用の合計は温水式の方が安くなります。

□節約のコツ

床暖房にかかる費用の目安はお分かりいただけたと思います。
では、床暖房にかかる費用をなるべく抑えるための方法として、どのようなことが有効なのでしょうか。
以下では節約のコツについて、ご紹介します。

*つけっぱなしにする

床暖房は、最初に部屋を温めるときに最も大きなエネルギーを使います。
しかし、一度部屋が温まったら、その温度を維持することにあまりエネルギーは必要ありません。
そのため、こまめにスイッチのオンオフを繰り返すよりもつけっぱなしにしてしまった方が費用は安く済みます。
長時間外出するとき以外はこまめにスイッチをオンオフせずにつけっぱなしにするようにしましょう。

*早めにスイッチをオフにする

床暖房の運転を停止してから30分ほどは、部屋が温かく保たれています。
そのため、外出する前や寝る前の30分前にスイッチをオフにすることで、節約することができます。
切り忘れ防止にもなるため、タイマーをセットしておくと効果的です。

*カーペットやラグマットを敷かない

床暖房を設置している床の上にカーペットやラグマットを敷いてしまうと、暖房効果が小さくなります。
そのため、なるべく床の上にものを置かないようにすることで節約することができます。
また、床の上にカーペットなどを敷くと、熱の逃げ場がなくなって熱がこもってしまい、床材のひび割れや変色の原因となるため、注意しましょう。

*エアコンと組み合わせて使う

床暖房は最初に部屋の温度を上げるときに、最も大きなエネルギーを使っています。
そのため、最初に部屋を温めるときにエアコンも一緒に使うことで、素早く部屋の温度を上げることができます。
部屋の温度を上げる時間を大幅に減らすことができるため、エネルギー節約につながります。
部屋が温まってきたら床暖房中心に切り替えるとよいでしょう。

□まとめ

以上、床暖房の節約のコツについてご紹介しました。
床暖房は優れた暖房器具で快適に過ごすことができますが、費用もかかってしまいます。
今回紹介した節約のコツを参考にして、なるべく費用を抑えられるようにしてみてください。
節約しながら床暖房を用いて、寒い冬を快適に過ごしましょう。
当社では、お客様に満足していただける床暖房を取り扱っています。
ぜひ一度ご相談ください。

 

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房ならぽから

メニュー