床暖房お役立ちコラム

併用した方が電気代がお得に!?床暖房とこたつの上手な併用方法をご紹介

今回は床暖房の上手な活用法を紹介していきます。
上手な活用法といっても様々な活用方法が挙げられますが、今回は特にこたつと床暖房の上手な併用方法と併用することのメリットやデメリットを紹介していきます。

□床暖房とこたつの上手な活用方法

まず、床暖房とこたつの上手な活用方法を紹介します。
1つ目はこたつの電源を入れずに床暖房の熱を利用することです。
床暖房の上に直接こたつを設置することにより、こたつの電源をつけなくとも床暖房の熱がこたつの中で暖まってくれます。
こたつの性質として部屋よりも空間が限られている分暖まりやすく、温度も下がりにくいのです。
こたつの電源をつけなくともこたつとしての機能を十分に果たすので、電気代の節約に繋がります。
2つ目のポイントはできるだけサイズの小さなこたつを使用することです。
実は床暖房は部屋全体を温める役割を持っています。
位置づけとしてはエアコンやヒーターと同じものになると言えるでしょう。
床のみを温めるものではないので、床暖房の上にカーペットなどを敷くと床暖房から発せられる熱が遮られるので部屋が温まりにくくなるのです。
同じようにこたつもサイズが大きいとそれだけ床暖房の熱を遮ってしまうので、なるべく小さなサイズのこたつを使用すると熱をあまり遮らずに済みます。
また、1つ目の活用方法を応用すると自分自身で床暖房を利用したオリジナルこたつの作成もできます。
好きなテーブルを用意して、あとは天板とこたつ布団を用意して合体させればいとも簡単に自分好みのこたつが完成します。
通常のこたつと違い当然ヒーターもないので、電気代も床暖房の分だけで済みます。

□床暖房とこたつを併用するメリット

床暖房とこたつを併用することのメリットとしてまず初めに挙げられるのは、電気代、ガス代の節約です。
床暖房には部屋全体を温める効果がありますが、どうしても低い温度で部屋全体を温めるので限界があり、暖まるのに時間がかかり寒く感じることもあります。
その場合は床暖房とこたつを併用すると良いです。
こたつのヒーター自体は使用しないので当然電気代はかからず、機能性も普通にこたつを使用するのと変わりないのでとても暖かいです。
設定温度を上げずに暖まれるので電気代、ガス代の節約に繋がります。
次に挙げられるメリットは、極端に熱くならないことです。
こたつを使用する際のヒーター付近は非常に熱いので、熱く感じることがあります。
悪く言えば、こたつ内の温度にムラがあるので温度調節が難しいです。
しかし、床暖房の熱のみでこたつを利用する場合は、床暖房がこたつ全体を均一的に温めてくれるので極端に熱いと感じる部分もなく、比較的低温なのでじんわり暖かく快適に暖まれます。
最後に挙げるメリットはこたつの中と室温の寒暖差が少ないことです。
こたつの電源を入れて普通に使用する場合はこたつの中と室内の温度の差が大きいことが多いので、一度こたつに入ると出たくなくなります。
しかし床暖房と併用することでこたつの中だけでなく部屋も温めてくれるので、通常生まれるこたつの中と室温のギャップが生まれづらくなるのでこたつに依存してしまうのを防げます。

□床暖房とこたつを併用するデメリット

次は床暖房とこたつを併用する際のデメリットを紹介します。
最初に挙げられるのは部屋全体が温まりにくくなることです。
床暖房からは輻射熱(ふくしゃねつ)というものが発せられていて、これが壁や天井にぶつかって反射することにより部屋全体を温める仕組みになっています。
こたつと併用する場合は、こたつが輻射熱の反射の障害となってしまって部屋全体が温まりづらくなるのです。
やはり、障害物があるのとないのでは部屋の温まり方に差は生まれてきます。
次に挙げられるのは床の上に直接座る場合は痛いという点です。
床暖房の上にカーペットなどを敷くのはあまり相性が良くないため、敷かない場合は床の上に直接座ったりしなければならないのでお尻が痛くならないようにクッションなどで対策を講じる必要があるでしょう。
最後に挙げられるのはシーズンが変わるたびにこたつを出し入れするのが面倒な点です。
こたつとの併用が必要ない気温の時は効率を良くするためにこたつを出しておかない方が良いので、どうしても出し入れが必要になります。

□床暖房とこたつを併用する際の注意点

最後に床暖房とこたつを併用する際の注意点を紹介します。
先ほども少し述べましたが、熱を閉じ込めやすいカーペットを使用しないことです。
実は床暖房の上にカーペットを敷くと熱を遮るだけでなく、床を傷つけることもあります。
特に言えるのが電気式の床暖房で、この上に熱がこもりやすいカーペットを敷くと床の温度が高くなり床が反り返ることがあるようです。
反対に温水式の床暖房だと、温水が循環して温める構造なので熱は比較的こもりにくいですが、心配な場合は熱のこもりやすいカーペットは敷かない方が良いでしょう。

□まとめ

今回はこたつと床暖房の上手な併用方法と併用することのメリットやデメリットを紹介しました。
こたつと床暖房の併用にはデメリットもありますが、それを上回るメリットがあると思いますので是非活用してみてください。

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房ならぽから

メニュー