床暖房お役立ちコラム

床暖房はいつからつけるもの?暖房を使い始める時期の目安についてご紹介します!

「床暖房っていつからつければ良いのかな?」
「暖房を使い始める時期の目安が知りたい。」
このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、使い始めたときにはつけっぱなしのほうが良いのかどうかが気になる方もいると思います。
そこで今回は、床暖房の使い始めの時期などについてご紹介します。

◻暖房はいつから使い始めるべきか

みなさんはいつから暖房を使い始めるでしょうか?
寒いと感じるようになってから使い始めるという方も多いでしょう。
しかし、その具体的な時期は意外とはっきりさせるのは難しいのではないでしょうか。
これは、日本は北海道から沖縄まで縦に長く、地域によって大きく変わることが原因です。
では、実際の暖房の使い始めの時期の目安はどのように考えれば良いのでしょうか。

今回は、とあるアンケートの結果を参考に考えていきましょう。
ちなみにこのアンケートは一般社団法人の地球温暖化防止全国ネット(全国地球温暖化防止活動推進センター)が2017年に実施したものになります。
このアンケートでは日本を5つに分けてデータを取っています。
アンケート結果からは10月に入ると暖房を使い始めるという方が増え始め、11月の終わり頃には5つに分けたすべての地域でほとんどの方が暖房を使用しているというデータが取れました。
つまり、日本全国を平均すると11月が暖房を使い始めるのにちょうど良い時期と言えるでしょう。

また、3〜4月頃まで暖房を使うという地域が多いようですが、日本全国で比較すると大きな差があるのでいつまで使うのかについてはこだわらなくて良いかもしれません。

地域ごとにもう少し深く見ていきましょう。
先程ご紹介したデータを詳しく見ていくと北海道などの気温の低い地域では10月ほとんどの方が暖房を使い始めるというデータが取れました。
この他の地域は11月中に北から南へと徐々に暖房を使う方が増えていくようです。
11月の平均気温は15℃を下回ります。
年によっては暖かい例外もありますが、基本的にはこの気温以下になります。
そのため、11月に使い始める方が多いということは気温15℃を目安にしているとも言えるでしょう。
時期だけでなく、気温にも注意して使い始めるのも良いかもしれませんね。

 

◻床暖房を使い始めたときはつけっぱなしが良いのか?

先程暖房の使い始めの時期の目安についてご紹介しましたが、いざ使い始めると次のような疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。
つけっぱなしにするかどうかです。
とくに床暖房をメインに使っている方はつけっぱなしでいることが多いかもしれません。
しかし、実はつけっぱなしが良い場合とそうでない場合があるのでご紹介します。

そもそも床暖房の仕組みは設定した温度に達したときに温めることを一回やめ、また温度が下がってきたときに温めを再開するという仕組みになっています。
では、このとき、一日中稼働したままにしておくのと寝ている時間は電源を切っておくのとではどちらが経済的なのでしょうか。

実はこれは家がどれほど熱を閉じ込められるかによって大きく変わります。
例えばマンションです。
マンションは気密性が高く、熱を閉じ込めておけるので床暖房はつけたままのほうが良いでしょう。
これには床暖房の仕組みが大きく関わっています。
先程ご紹介したように床暖房は温度が下がってしまうと稼働を再開するからです。
つまり、断熱性能が低ければ何回も稼働を再開するということですね。
そのため、マンションのように熱を閉じ込められるような建物であれば、温度の下がり方も穏やかになり、床暖房へのエネルギーを節約できます。

逆に床暖房をつけたままにしておくのをおすすめできない建物も存在します。
簡単に言うと昔に建てられた建物です。
実は昔の建物は換気に焦点を当てて作られているのであまり断熱性能には期待できません。
つまり、温度の下がるスピードが早いということです。
そのため、頻繁に稼働を再開してしまうのでエネルギーを多く消費してしまうでしょう。
このような場合はつけたままにしておくのではなく、タイマーの設定をおすすめします。

 

◻床暖房を起動してから温かくなるまでの時間

ここでは床暖房が部屋を暖めるまでの時間についてご紹介します。
床暖房の効果は仕上げ材によって変わりますが、だいたい1時間が目安になります。
そのため、部屋が暖まるまで待つのではなく、事前にその部屋を使用する1時間前に起動するようにタイマーを設定しておくと良いでしょう。
また、もう一つおすすめの方法があります。
エアコンを併用することです。
エアコンによって部屋の空気を循環させることでより早く部屋を暖められるでしょう。

◻まとめ

ここまで床暖房の使い始めの時期などについてご紹介してきました。
みなさんの家の断熱性能がどうなのか確認してみてはどうでしょう。
もしかしたら今よりも効率の良い使い方ができるかもしれません。

 

PTC遠赤外線方式の次世代型床暖房ならぽから

メニュー